1. ホーム
  2. 良いこと・ダメなこと
  3. ≫首イボはどういった治療方法があるのか?首イボの治療方法の種類

首イボはどういった治療方法があるのか?首イボの治療方法の種類

首いぼは形、色、症状などにより色々な治療法方法がありますが、一般的な首イボの治療方法についてご説明します。

お肌の状態を気にしている女性のイメージ

自分で取ることは可能か

まず、首の周辺にできてしまったイボは、一部の方は自分で取ってしまってうこともあるようです。イボは出っ張っていて大きさもさほど大きくないのが一般的であるため、自分で引きちぎって取ることは物理的に可能と言うことができますが、引きちぎって取った後の傷口にばい菌が入り、患部が化膿したり、炎症などを引き起こすことがありますので、あまりおすすめしません。

皮膚科などでの治療

首イボの治療には、皮膚科など病院で次の3種類の治療により取り去ることをおすすめします。

液体窒素治療

マイナス196℃の液体窒素を首イボの患部に押しながら焼いて、首イボをかさぶたにして取り去るという治療方法になります。費用的には、保険が効く場合がほとんどであるため、比較的に安価で受けることが出来る治療法ですが、液体窒素を押し当てる際に痛みを感じるケースがあったり、場合によっては色素が沈着してしまう場合があります。

医師のレベルによるものもあるため、腕のいい医師を探すことが必要です。

レーザー治療

肌に負担が比較的少ないと言われているのが、イボをそのままレーザーで削る治療方法です。痛そうに聞こえるかもしれませんが、麻酔効果のあるテープを貼ったり、クリームを塗り痛みをなくしながら、レーザーをあてるため、ほとんど痛みはありません。

傷があまり残らない、再度首イボができにくいため、この治療方法を選ぶ方が多くいます。

内服薬治療

ハトムギから取り出したヨクイニンというものを薬として内服する治療方法です。身体の免疫力を高め、首いぼ以外の身体のできものにも効果的と言われています。

しかしながら、直ぐに効果が出ることは難しいため、長期間かけてゆっくりと改善したいとお考え方におすすめのものです。必ず首イボがなくなるとは言えませんので、その点理解の上、治療にあたってください。